あずきとの別れ⑥
2017年03月02日 (木) | 編集 |
そしてブログも続けてきて本当に良かった




あずきの元気な頃の姿を見ては

涙したり、笑ったり



90706.jpg



90707.jpg



90708.jpg



90709.jpg



90710.jpg



90711.jpg



90712.jpg



90713.jpg



90714.jpg



90715.jpg



90716.jpg



90717.jpg



90718.jpg



90719.jpg



90720.jpg



90721.jpg



90722.jpg



90723.jpg



90724.jpg



90725.jpg



90726.jpg



90727.jpg



90728.jpg



90729.jpg



90730.jpg



90731.jpg



90732.jpg



90733.jpg



90734.jpg



90735.jpg



90736.jpg



90737.jpg



90738.jpg



90739.jpg



90740.jpg



90741.jpg



90742.jpg



90743.jpg



90744.jpg



90745.jpg



90746.jpg



90747.jpg



90748.jpg



90749.jpg



90750.jpg



90751.jpg



90752.jpg



90753.jpg



90754.jpg



90755.jpg



90756.jpg



90757.jpg



90758.jpg



90759.jpg



90760.jpg



90761.jpg



90762.jpg



90763.jpg



90764.jpg



90765.jpg




最後にあずきからの伝言



あずきは花と空と虹の綺麗な

とっても素敵な世界に住んでいるそうです



948s[1]




90633.jpg






スポンサーサイト
あずきとの別れ⑤
2017年03月01日 (水) | 編集 |
ワンズと出会ってから

撮った写真の枚数は万の単位になると思います




そしてあずきが亡くなってから

本当にたくさんの写真を残していてよかったと感じています





90604.jpg



90605.jpg



90606.jpg



90607.jpg



90608.jpg



90609.jpg



90610.jpg



90611.jpg



90612.jpg



90613.jpg



90614.jpg



90615.jpg



90616.jpg



90617.jpg



90618.jpg



90619.jpg



90620.jpg



90621.jpg



90622.jpg



90623.jpg



90624.jpg



90625.jpg



90626.jpg



90627.jpg



90628.jpg



90629.jpg



90630.jpg



90631.jpg



90632.jpg



90634.jpg



90635.jpg



90662.jpg



90663.jpg



90664.jpg



90665.jpg



90666.jpg



90667.jpg



90668.jpg



90669.jpg



90670.jpg



90671.jpg



90672.jpg



90673.jpg



90674.jpg



90675.jpg



90676.jpg



90677.jpg



90678.jpg



90679.jpg



90680.jpg



90681.jpg



90682.jpg



90683.jpg



90684.jpg



90685.jpg



90686.jpg



90687.jpg



90688.jpg



90689.jpg



90690.jpg



90692.jpg



90691.jpg



90693.jpg



90694.jpg



90695.jpg



90696.jpg



90697.jpg



90698.jpg



90699.jpg



90700.jpg



90701.jpg



90702.jpg



90703.jpg



90704.jpg



90705.jpg


























あずきとの別れ④
2017年02月28日 (火) | 編集 |
9時
ベルコットに向かわなければならない時間


90414.jpg


父が助手席であずきを抱っこしてくれ
最後のドライブ


90415.jpg


90416.jpg


90417.jpg



今まで数えきれないほどのドライブをしてきたけど
本当に最後になっちゃうんだね
星野源の「恋」がラジオから流れ
せっかくのドライブだから絶対に泣かないと心に決める


ベルコットが近づくにつれ
あずきの姿まで失くしてしまうのかと胸が痛み
家に引き返したくなったそんな時

ママ、苦しさから解放されたけど
体が重たくて、みんなのようにフワフワできないよ
早くフワフワしたいよ
そんな考えが頭に浮かぶ

そうか、あずきはフワフワしたいんだね
姿を失うことは辛いことばかりじゃないんだよね


10時半ベルコットに到着
仕事場からパパも駆けつけてくれて、あずきを抱っこ


90574.jpg


あずきとお花とお供え物をスタッフに渡し
あずきを見送る準備ができるのを待つ


90575.jpg


90576.jpg


時間が止まって欲しいような
時間が進んで欲しいような


準備ができたと告げられ部屋に案内されると
本当に心のこもった支度がされていることに
感謝の気持ちでいっぱいになる


90577.jpg


90584.jpg


90579.jpg


90580.jpg


お供え物のおやつの量にあずきの意志を感じ
思わず笑ってしまう

初めてのことで、どうしたら良いかわからず
おやつをたくさん持って来たけど
全部供えてくれるんだね
あずきが大好きだったおやつ・・・


スタッフがお経をあげることもできるし
家族でゆっくりと過ごしてもいいと提案され
家族でゆっくりと過ごす時間を選ぶ


90578.jpg


90582.jpg


90583.jpg


90581.jpg


またママのところに戻ってくるんだよ
次も絶対に幸せにしてあげるからね


90585.jpg


あずきが火葬の準備に入る時
フワフワになりたい・・・との言葉を思い出し
思ったより冷静に過ごす

別室へと運ばれ扉が閉まるまで
あずき・・・と何度も何度も声をかけ続け・・・

ママの声を覚えていて下さい


90589.jpg


1時間くらい経過した頃
あずきの火葬が終わったと知らせがあり、お骨を拾う

人間と同じようにどこの骨なのかを丁寧に説明してくれ
足から順番に骨壺に入れていく

しっぽの先のちっちゃなちっちゃな骨は
キーホルダーに入れてもらう

これでいつでも一緒だよ
ストーカーあずきの夢が叶ったかな?
明日からはお仕事にも一緒に行ける
スーパーにだって入れるし
居酒屋にだって入れる

もうお互いに淋しくないはずだよね


90587.jpg


ずっと天気が悪い1日だったのに
夕方、あずきからの知らせ


90586.jpg


体がふわふわになって
無事にお空に到着したよって


夜、少し時間ができたので
この言葉を読み返してみる


90588.jpg


しっくりしないまま読み続けていると
ママ、その言葉はママからあずきにじゃなくて
あずきからママやその家族に送りたいんだよ・・・と頭に浮かぶ

言葉の一つ一つが腑に落ちていき
最後の言葉が妙に心にしみる

あずきを動物管理センターから引き取ってからずっと
赤ちゃんの頃に見つけてあげられなくてごめんね
我が家に来るまで辛い思いをしていたなら本当にごめんね
そんな思いを心のどこかに抱いてきたけど
あずきはあずきでよかったって言っているんだよね?

そんなことに気がついたのち
トイレのカレンダーの12月を見に行かなければならない気持ちになる

4、5年前から毎年購入している
犬の十戒が書かれた動物保護施設のカレンダー

見に行かなくても12月には
私が息を引き取る時にはそばにいて欲しい
それだけで全てを受け入れることができる
という内容が書かれているとわかるのだけれど・・・

トイレに行きカレンダーの12月の文章を読む

最後の旅立ちの時には、そばにいて私を見送て下さい
見ているのが辛いからとか
私のいないところで逝かせてあげて、なんて言わないでほしいのです
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことも安らかに受け入れられます

いつかワンズが死んでしまうことを考えると怖くて怖くて
それでも決して避けられない事だから
呪文のように
お守りのように心に刻んできた言葉

ここまでは記憶していたのに
忘れていた文章が続いていて涙が溢れる

そしてどうか忘れないでください
私が貴方を愛していることを

あずき本当にありがとう
ママもあずきを愛しているよ

あずきの本当の誕生日も
本当の年齢も分からなかったけど
ママの心に刻まれた命日

これはママの勲章だよね?






















あずきとの別れ③
2017年02月27日 (月) | 編集 |
1月9日

6時頃、あずきに持たせる写真をプリントするため自宅へ
あずきが亡くなったことと風邪で体調が悪いこととで
体に力が入らない

らいちゃん、ぷぅちゃんママが差し入れてくれたココアを飲む


90397.jpg


甘さが胃にしみわたり
踏ん張る力が湧いてくる

2年前、我が家と実家とワンズで旅行した帯広旅行の写真をプリント


90474.jpg


唯一の集合写真
これを持って行けば淋しくないよね

あずきに供えるおやつとご飯も一緒に持って実家へ戻る
刻々とあずきをベルコットに連れていく時間が近づく


あずき、一緒におやつを食べようか
あずきが大好きだったおやつだよ


90476.jpg


90396.jpg


90475.jpg


母が家の中を歩き回りながら
あずきと思い出を語っている


90398.jpg


90399.jpg


そうだ
あずきが長年過ごした家も見せてあげなければと
急いであずきと自宅へ戻る


お花をいっぱい植えたウッドデッキ


90409.jpg


90477.jpg



90478.jpg



90501.jpg



寒い日にはストーブの前を陣取ったよね


90400.jpg



90479.jpg



90480.jpg



90498.jpg



みんなでまったり過ごした座椅子


90401.jpg



90481.jpg



90482.jpg



シャンプーをしたキッチン


90559.jpg




90483.jpg



90484.jpg



90496.jpg



いつもママをストーカーしてたね


90403.jpg



90485.jpg



90486.jpg



ご飯とお水の場所だよ


90404.jpg



90487.jpg



90488.jpg



暑い日には涼を求めた廊下


90405.jpg



90489.jpg



90490.jpg



90500.jpg



トイレにもついて来てくれたっけ


90406.jpg



一度落ちてからもう二度と昇らなくなった階段



90491.jpg



90492.jpg



ママの帰りを待っていてくれた廊下


90407.jpg



90493.jpg



90499.jpg



お風呂場でシャンプーしたことも覚えてる?


90408.jpg



90494.jpg



90495.jpg



大好きなお散歩に出発した玄関


90410.jpg



90497.jpg



最後に・・・ママと一番長い時間を過ごした部屋


90411.jpg


90412.jpg


90413.jpg



90502.jpg


いっぱいの思い出を本当に本当に
どうもありがとう


















あずきとの別れ②
2017年02月26日 (日) | 編集 |
1月3日

ママは朝から昼まで仕事の予定も
仕事が長引いて夕方あずきを実家に迎えに行く
食欲、元気はいつもと変わらず
むしろ元気過ぎて夜寝てくれず
おやつ隠しゲームをしながら夜中の2時頃まで過ごし何とか就寝



1月4日

寝たのが遅かったためか、少しだけ寝坊のあずき
それでも咳は落ち着いていて家の周りをくるっとお散歩する
本当はゆっくりお散歩してあげたかったのにママが風邪気味
午後からは長女の成人式のためのネイルチップを作りに出かける
あずきの食欲も元気も変わりなし




1月5日

ママの風邪が少し悪化
のんびりしたいところだけれど長女の着物を着物屋さんに届け
その帰りに初詣を済ませる

あずきを実家に預けていたので迎えに行って夕方一緒に爆睡
あずきがママの胸の上で寝ていて寝返りが打てず
体がしびれてきたので仕方がなくあずきを起こし夕食の準備
あずきが晩ご飯を食べない
おやつもいらないって

午前中は食べていたのに
ステロイドの量が増えてから、食欲を我慢させるのが大変だったのに
おかしい・・・とも思うがチワーズと戯れる元気はあり
年末年始の疲れがでてきたのかな?
不思議と咳をまったくしない
その後やっぱり体調のすぐれないママと爆睡する




1月6日

ママが仕事のため、眠っているあずきを起こし薬を飲ませ実家へ
やっぱり朝ごはんもおやつも食べず
おやつはくわえるが何処かへ隠そうとする
お水は飲んでいてオシッコもたっぷりしている
咳は1つもせず

夜、仕事の帰りにあずきを迎えに実家に
シートにオシッコはしているからお水は飲んでいた様子も
1日何も食べていないと
なんとなく元気がないような?

急いであずきを車に乗せて、かかりつけの病院に滑り込む
先生は嫌な顔1つせずレントゲンを撮り採血をしてくれる
レントゲンでは肝臓が大きくなっているが
採血での肝臓の数値が悪くないのでステロイドの影響だろうと
その他レントゲンで気になる様子はみられず
採血も膵臓の数値が若干正常値をオーバーしているが
白血球が正常で炎症反応も出ていないので急性膵炎ではないと
その他気になる所見は見当たらず
明日も食欲がなければ朝一番で受診するように言われる

帰宅すると21時
ワンズのご飯を用意するがあずきは食べず
お水はしっかり飲めている
夜中お産があれば仕事に行かなければならず
病院に呼ばれないことを祈りながら、体調不良のママと一緒に爆睡




1月7日

4時頃あずきが水を飲みに起きたことで一緒に目覚める
その後6時頃、水の前まで行くがじっと水を眺めるだけで飲まず
7時頃からは体が小刻みに震えはじめる

昨日、セキセイインコのライちゃんぷうちゃんママからインコの羽をもらったので
その羽であずきをさすってあげる
今年は酉年で、鳥を触ると穏やかに過ごせるって・・・



90318.jpg


不安な気持ちをライちゃんぷぅちゃんママに話すと
写真まで送ってくれて、本当にありがたい



90319.jpg



咳はやはり1つもせず
あずきを抱っこしながら2時間過ごす
涙がとまらない




90320.jpg



知り合いのワンちゃんが急性膵炎で亡くなっているが
その時の様子にとっても似ているような気がして
一刻も早く病院に連れていきたい気持ちになる
かかりつけの病院は10時診療開始だが
あずきの咳がひどくなった時に一度だけかかった近くの病院は9時開始
本当に悩む

状況の分かる病院に1時間待って連れていくべきか
状況が分からなくても近くの病院へ今すぐ連れていくべきか

悩んだ結果、少しでも早く病院へ連れていった方が後悔が少ないと思い近くの病院へ
2日前からの様子を伝え、急性膵炎が心配なことを伝えると
先生が丁寧に診察してくれる
お腹を触り、お腹が痛そうな様子はなさそうと
採血をしてくれるが前日同様、膵臓の値が少し高いものの炎症反応は正常
犬の膵炎を見つけるキットでも検査をしてくれる
コントロールの色と比較して同じくらいの濃さ以上になると膵炎の可能性が高いが
あずきの結果はコントロールの色よりも薄いので膵炎とは言えないと


キット
(同じものではないがこんな感じのキット)


ただ電解質が乱れてきているので
心臓に負担がかからないようゆっくりと点滴をすることに
17時に迎えに来るよう言われあずきを預ける

あずきを預けている間、長女の高校の同窓会の準備
ホテルで行いドレスコードのため、ああでもない、こうでもないと過ごす

17時あずきを迎えに行くが元気なし
あまりにも心配で
「夜中に急に悪くなることはありますか?」と聞いてしまう
先生は困った様子で
「生き物なので絶対とは言えないけど、まず大丈夫だと思うよ」と
こんな質問が一番困るって分かっているはずなのに反省

あずきを連れて実家へ行くと実家の両親も驚いた様子
6日の夜よりも状態が悪いのは一目瞭然
それでも水を飲んだので少し点滴の効果があったのかなと





90321.jpg




あずきを実家にあずけ長女を同窓会のホテルに送る
長女を送って戻ると飲んだ水を全部吐いたようで実家の父が心配している
その後も2回くらい飲んでは吐きを繰り返したが
とうとう水の前でじっと水を眺めながらフリーズ
飲みたいけど吐くのが辛くためらっているように見える
下痢もするようになり何となく血が混じっているような
あずきのお世話をしながら涙が止まらない

あずきは声にはならないが遠吠えをしているような仕草を見せる
ママが抱っこをしてもなかなか止まらず
病院に預けていた間、ずっと淋しかったのかもしれない
「ママはここにいるよ」と声をかけ続けながら
点滴で病院に預けたことを少し後悔するが
点滴をしない方がもっと後悔したはずと思い直す

19時ごろバイトに行ったはずの次女が帰ってくる
本来なら23時までのバイトだが団体の予約がなくなったので帰っていいよと言われたと
みんな少しずつ覚悟を決めるほどあずきの体調は良くない
パパと長女が帰ってくるまで何とか頑張るんだよと実家の母が声をかける

21時パパ帰宅
長女は予定されていた二次会が中止になり22時頃帰宅
家族全員がそろう
その頃あずきの体調がほんの少しだけ良くなったように感じる
今頃点滴が効いてきたのかな?



[広告] VPS





我が家の4人、実家の両親、ワンズで
20年前に亡くなった猫のビデオを見ながら思い出話をし
23時頃帰宅




90322.jpg




帰宅後あずきの様子が悪化
10分ほど体を横にすると起き上がってどこかに移動・・・を繰り返す
時々水の前に行くがじっと眺めるだけ
体が辛くて身の置き所がないのかな?




1月8日(長女の成人式)

咳をするようになってからはほとんど吠えなかったあずきが
小さく小さく吠え続ける
苦しいのかとも思うけれど表情は穏やかのような
体をそっとさすり続け、あずきの吠え声に応えるように
あずきを保健所から引き取った日から今日までの楽しかった思い出を語る
拭いても拭いても涙が溢れてくる


[広告] VPS



それでも元気になってくれることを信じて
今日の予定を考える
あずきを病院へ連れていって
成人式の長女を着付けに連れていって
あずきを入院させたほうがいいと言われたらどうしよう?
また淋しい思いをさせるなら連れて帰ってきた方がいいのかもしれないし
何か元気になれることがあるなら・・・
頭の中に何度も同じ考えが浮かび上がる

3時頃からちょっと吠えたり、ちょっと体を動かすごとに血便がでるように
お尻が便でビチョビチョになって寒そうなので
蒸しタオルで拭いてドライヤーで乾かす
血便が出て貧血になっている影響か
体が冷たく感じるように
どうして救急車は人間しか運んでくれないのだろう・・・

4時頃とうとう足が立たなくなる
移動はしたいみたいで顔面を床にこすりながらズルズルとするので
少し支えて移動を手伝うが、体力は限界の様子
あまりにも辛そうなので覚悟を決め
「ママは大丈夫だから、あずきが辛かったら逝ってもいいんだよ」と声をかける

6時あずきの呼吸がさらに荒くなり
口と鼻から血液を吐く
呼吸が止まっていくのを感じパパを起こす
パパと一緒に声をかけながら見送ろうと思ったが
あずきがなかなか逝けない様子
苦しそうで可哀想で
すぐに娘と実家の両親にも来てもらう

その後あずきは安心したかのように虹の橋を渡る


90323.jpg


昨日の夜はみんなで過ごせて本当に良かった
次女にもバイト先が帰してくれてラッキーだったよねと声をかけると
実は自分から頼んで帰してもらったとのこと
本当にありがとう

ずっと泣いていたいけれど
長女を着付けに連れていかなければ・・・
あずきはママが泣き続けないようにこの日を選んだような気がするが
長女には申し訳ない成人式となってしまう

あずきを実家に預け
長女を着物屋さんへ連れていく
途中、あずきのかかりつけの病院の前を通り涙が溢れる

車の中で隣町のベルコットに電話をしてあずきの火葬の相談
人気が高いので予約が取れないこともある中
9日の9時半、10時半、14時半が空いているとのこと
あずきと少しでも長く居たいので14時半に予約を入れる

長女を着物屋さんで降ろした後、あずきの花を買うためショッピングセンターへ
そこでこの言葉を見つける
ご自由にお持ち帰りください、ネットでの拡散OKと


90324.jpg


人を見てインスピレーションで言葉を書いてくれるというイベント中も
まだ始まっておらず
しっくりくるような、こないような・・・
でも素敵な言葉なのであずきのために持ち帰る

一度実家に戻ると
実家の母が可愛いお花をいっぱい飾ってくれている
本当にありがとう


90325.jpg


母に火葬の予約の時間を話すと
その時間ではどうしても一緒に行けないと

お世話になった母にも一緒に見送って欲しいので
10時半に予約を入れ直す

その後、すぐに長女から着付けが終了したと電話があり
迎えに行って会場へ


90326.jpg



再び実家に帰ると
ライちゃん、ぷぅちゃんママが娘さんを連れてあずきに会いに来てくれる
あずきが元気な頃、一緒にドライブをしたり、お散歩をしてくれてありがとう
そして綺麗なお花をどうもありがとう


90327.jpg


この日は飲んでも飲んでも喉が渇く日で
あずきが飲めなかった水を欲しているのかな?

そんな話しをライちゃん、ぷぅちゃんママにすると
目から水分が出ているからだよ・・・と教えてくれて妙に腑に落ちる




90328.jpg



あずきに着せた洋服
実はあずきが自分で選ぶ


90329.jpg





90380.jpg

上の洋服が出来上がった時
あずきに本当に良く似合っていたので
漠然とあずきを送る時にはこの洋服で・・・と考えていたのだが
迷わず洋服を手にした途端、「同じ色のチェック」と頭に浮かぶ


90382.jpg



90381.jpg

あずきはこっちの洋服が好きだったんだね



15時頃、長女が帰宅


90385.jpg

あずき、お姉ちゃん綺麗でしょ?
見えてる?



夕方、職場の先輩が娘さんと愛犬のフランを連れて
あずきに会いに来てくれる


90383.jpg


先輩の娘さんはトリマーさんで、あずきのトリミングもしてくれたことが・・・
本当にありがとう



90386.jpg


あずき綺麗な夕焼けだね


90418.jpg


お月様も見えてるかな


90419.jpg


夜、長女を中学校の同窓会に送り届ける
帰りは遅くなりそうとのことでタクシーを利用してもらう


ママとあずきは実家に泊まることに
ママが仕事で帰れない日は、よくあずきを泊めてもらったね
実家の両親と私とあずきで就寝

前日徹夜だったので思いのほか眠ることができ
あずきの咳に起こされることなく朝を迎える

あずきの咳が始まってから
こんなに穏やかな夜は数えるほどしかなく
ゆっくり眠れたのに、淋しいよ